お申し込み方法

既刊も配布しております

TOP > このサイトについて

■ このサイトについて

私たちの主張
  • 私達の活動は、精神障害者が地域で生きることをめざすものです。
  • 精神病院も、そのために利用できるものでなければなりません。
  • 精神病院の実態を多くの人に明らかにし、それを通して病院を社会から目の届く風通しのよいものにしていくことを目的に、精神病院統計の情報公開や訪問調査を行ってきました。
このホームページについて
  • 近く「東京精神病院事情2003→2008」(2010年版)を紹介する予定です。
  • 2000年に出版した調査報告書第4版「東京精神病院事情1995→1998」のあらましを、より多くの人に見ていただきたいと考え、このホームページを作りました。
  • 2004年、再度都内精神病院対象に訪問調査を行い、2005年10月1日調査報告書第5版「東京精神病院事情1998→2003」(2005年版)を出版し、その結果を掲載しました。
私たちは・・・
  • 私たち東京都地域精神医療業務研究会(東京地業研)は、1973年の全国精神衛生実態調査に反対し、地域でひっそり暮らす精神障害者をあぶり出すよりも、密室収容主義的な精神病院の実態調査こそ必要と主張し、始まったグループです。
    都内の精神保健、福祉、医療従事者が集まり毎週1回の例会を続けています。その中で、東京都が各精神病院から集めている精神病院統計の公開を求めて都を相手に行政訴訟をし、入手した情報をもとに「東京精神病院事情」の出版などの活動をしています。

  • 東京精神医療人権センターは、精神病院に入院中の人たちから退院したいがさせてもらえない・不当な扱いを受けている等の権利相談を受けています。

  • 電話相談は
      03ー3366-3352
      木曜午後1時~4時 火曜午後6時~9時 
     まで。

    必要に応じて病院に面会に行き、直接お話を聞いて援助方法を考えます。
    精神病院や精神医療を利用する際の諸々のことの勉強会、関連団体とのネットワークづくり、国内外の関連分野の情報収集とその紹介、海外の権利擁護団体との人的交流とそのコーディネート等の活動も行っています。